交通事故治療

sp_tel.png
24時間簡単予約はこちら

当院の交通事故治療とは

交通事故被害にあうと、精神的にも肉体的にもつらい状態が続きます。病院で診てもらっても痛み止めなど対症的な治療がなされるだけで、痛みの根本に対しての何も治療を受けられないというケースもまれではありません。
また、事故直後は痛みを感じなかったのに、しばらくしてから首などが痛みはじめることもあります。
交通事故のケガは、急激に力を加えられたことにより筋肉の緊張が原因となっているケースがほとんどです。主な症状として「むちうち」や「打撲」などがあります。

交通事故治療の流れ

1.予約
空きがあれば、すぐに診察することが可能です。分かる場合は保険会社の連絡先を控えたうえ、保険証を持参しご来院ください。
2.問診票の記入
事故に遭った状況や、痛みのある場所について詳しくご記入ください。痛みが強い場合は、すぐに診査・治療を行います。
3.診査
事故当時の状況などを詳しくお伺いしながら、痛みのある部分だけでなく、身体全体のチェックを行います。
4.治療
特殊な診療台と専門器具を用いて、骨盤と脊椎の調整を行います。痛みが強い場合であっても、治療は可能ですのでご安心ください。
※その他、患者さまの状態に応じて、ラジオ波電気療法も使用します。
5.アフターチェック
どれだけ痛みが軽減されたかを治療前と比較し、次回の予約日を決めます。急性期の場合は週に3回以上、慢性期の場合は週に2回以上の通院が望ましいです。
事故後、こんな症状はありませんか? 
  • 偏頭痛
  • これまでに感じなかった肩こり
  • 首や腰の痛み
  • これまでに感じなかった疲労感
  • 手足のしびれ

交通事故直後は心身ともに興奮状態にあるため、痛みを感じにくい患者さまがほとんどです。また病院でレントゲンやMRIによる画像診査を受けたとしても、「異常なし」と診断されたため、そのまま特に処置をせずにやり過ごしてしまう患者さまが多いのではないでしょうか。しかし時間が経過するとともに、痛みやしびれといった症状が現れる場合があり、これがいわゆる「むち打ち症」と呼ばれるものなのです。
むち打ち症とは、追突などの衝撃で、身体が鞭(むち)を打ったときのようにS字に曲がることからこのような名前が付けられており、交通事故のなかで一番多い症状です。
むち打ち症が厄介な点は、画像診査では判断できないところ。また、強い衝撃で身体が歪んでしまったことから頭痛などの症状が起こっているケースも多いため、湿布や薬では根本治療に繋がらないのです。
身体の歪みを根本的に整える当院では、手技を中心に専門の器具を使用して交通事故治療にあたっています。しっかりと治療計画を立てていきますので、一緒に社会復帰を目指しましょう!